ジェイティ健康保険組合

2016年11月30日

【同部位を続けて算定する場合】 

■施術内容                                                   施術内容・・・(2)左下大部挫傷(下部)                                 6月20日負傷 6月20日初検 実日数1日               

■返戻内容                                               5月20日に左下大部挫傷が治癒しています。負傷原因・症状等について再度算定についてご確認下さい。    (注:保険者の原文そのまま)

《組合より》                                              同部位を連続して算定する場合は、たとえ新たな負傷であっても、保険者からは継続ではと判断されてしまいます。このことから最近では、負傷部位が1部位や2部位で負傷原因を記載する必要のない場合でも、返戻を防ぐために負傷原因を記載するレセプトが増えています。