平田機工健康保険組合

2017年04月10日

【患者照会について】 

■施術内容                                                   (1)左下腿部挫傷 (2)頚部捻挫                                    平成28年10月~平成29年1月分返戻 実日数 10月・11月…4日、 12月・1月…2日

■返戻内容                                               受療者から受診経緯を確認(電話)したところ、11月・12月の追加負傷部位について負傷の原因が曖昧でした。 また、受療者は、毎月病院受診も併用しており、湿布薬(首・肩)の処方を受けております。重複受診にもなりますので返戻致します。(注:保険者の原文そのまま)

《組合より》                                                  最近負傷原因の確認を書類ではなく、電話で行う保険者が増えています。そのため、上記のようにいきなり電話にて聞かれた場合、負傷原因が曖昧になってしまうため、月末に施術内容及び負傷原因を一覧にした表を個別に作成し、患者に渡している整骨院もあります。                                               また問診の際、病院との併用は確認されていると思いますが、同時に湿布等の投薬の確認(投薬期間中は医師の管理下にあるため)を必ず行って下さい。