タカラスタンダード健康保険組合

2016年06月28日

【署名】

■レセプト                                               生年月日 平成17年8月14日

■返戻内容                                               照会した結果、「署名・押印はしていない。」と回答あり。                         署名については、受領委任の取扱規定、第4章の24(申請書の作成)の(4)では、『申請書の「住所」欄には住所のほか郵便番号、電話番号の記入を求めること。                              「受取代理人」欄は、患者の自筆により被害者の住所、氏名、委任年月日の記入を受けること。利き手を負傷しているなど患者が記入することができないやむを得ない理由がある場合には、柔道整復師が自筆により代理記入し患者から押印を受けること。』となっていますので、被保険者に署名、または押印させて下さい。         (注:保険者の原文そのまま)

≪組合より≫                                                   患者が子供の場合、付き添いの親が署名してしまうと、上記例のように照会時に署名していないと回答されて返戻になる場合があります。小さい子供の場合はひらがなの記入で大丈夫です。また、利き手の負傷等で署名は不可能な場合は、上記のように柔道整復師が代筆し、患者から押印を受けて下さい。