日本旅行健康保険組合

2015年10月30日

【患者照会の書き方】

■返戻理由                                                 調査の結果、調査のための回答書には鉛筆による下書きが施されており、それに従って清書したものとうかがえました。 また、鉛筆書きのまま回答のあった箇所と、ボールペンで回答のあった箇所とではそれぞれの筆跡にもバラつきが見受けられます。本人の記憶・事実に基づいて記載されているのではなく、施術所にに確認・指示された内容を下書き・清書したように受け止められます。適正な請求とは判然としません。                       ちなみに日付・署名欄そのものには下書きされた形跡はありませんが、下書きの必要がなかったということなのでしょうか。根拠ある回答を要請します。                                       (注:保険者の原文そのまま)

≪組合より≫                                                患者照会による回答書の書き方については、古い記憶をたどるため施術所に用紙を持ってこられる患者様は多いと思われますが、保険者は回答書を丁寧に見ていますので、疑義をもたれるような回答書の取扱いにならないよう記載する際には注意して提出してください。