広島東友健康保険組合

2013年09月25日

【具体的な経過・残存症状を記載】

■請求内容
(1)頸部捻挫  (2)腰部捻挫
長期施術継続理由
(1)(2) 患部を安静に保たず就労しているため回復が遅延している。

■返戻理由
具体的な経過・残存症状を記載
この内容では長期理由を認められない。
(注:保険者の原文そのまま)

≪組合からのアドバイス≫
上記の例に限らず「長期施術継続理由」については、保険者は何故3か月を超えても整形にかからず施療を続けているのかを確認している為、患部における症状及び経過についてより具体的な理由の記載をお願いしています。