太陽生命健康保険組合

2014年09月26日

【月2回程度の施術の意味・領収証の写しがない】

①■返戻内容
負 傷 日  平成26年1月8日
施 術 日  平成26年2月12日・26日 実日数2日
負傷部位  頚部捻挫

■返戻理由
平成26年1月より施術を受けています。月2回程度の施術にどのような意味があるのでしょうか。負傷時の態勢を図示し、各回の施術内容・意味・必要性・回復状況を部位ごとに具体的に説明下さい。
再度ご請求される場合は、お手数ですが、部位ごとの初検時に患者様が記入された問診表や診療録の写しをご添付下さいますようお願い致します。
(注:保険者の原文そのまま)

≪組合からのアドバイス≫
柔道整復師の施術が急性・亜急性に限られているため、月2回程度の来院は最初の急性・亜急性であり、慢性的なものではないと説明する必要があります。


②■返戻内容
領収証の写しについて

■返戻理由
内訳の記載がない為一部負担金の検証ができません。再請求する際は、内訳が全て記載されている領収書を患者様経由で提出して下さい。
(注:保険者の原文そのまま)

≪組合からのアドバイス≫
療養費の支給基準 181ページ (別紙様式1) 参照
明細書については 182ページ (別紙様式2)参照