住金関係会社健康保険組合

2014年01月27日

【負傷日から10日以上たった負傷】

■施術内容
1)右肩関節捻挫  9月9日負傷       施術開始日
2)腰部捻挫    9月12日負傷  →    9月21日
3)左股関節捻挫  9月18日負傷        実日数1日
■施術内容
1)頸部捻挫    9月10日負傷      施術開始日
2)左肩関節捻挫  9月10日負傷  →    9月24日 実日数2日

■返戻理由
負傷日より12日及び14日後になった理由を記載して下さい。
(注:保険者の原文そのまま)

≪組合からのアドバイス≫
基本療養費は急性・亜急性のみ算定可能となっています。地域によって差はありますが、健保に限らず国保・社保でも負傷日から10日以上たった負傷については急性・亜急性の対象外と捉える保険者があります。
厳しい保険者もあるので、問診の際には詳しく内容を把握し必要であればなぜ来院が遅れたかの説明を摘要欄に記載する方が賢明だと思われます。